ひまわり:もみまき2021.05.06

GW明けの本日、ひまわりの年長さんはお米作り八十八工程の1つ、「もみまき」を体験しました。

農業指導をしてくださる山本さんに「よろしくお願いします」のご挨拶の後、体験開始☆


小さい種籾(もみ)を、小さい掌に山盛り載せて、籾床の端の方まで、そっーと蒔いていきました♪


籾を蒔いた後は、覆土を優しく敷きます。

最後にお水をたっぷりあげて、「苗が出てきますように☆」とお願いします♪

稲苗の生長を首を長くして待つよい子さん達です☆

コメントは停止中です。